悩んでいる方・患者さんご本人へ

どんな治療をするの?

薬物療法…薬の種類について

うつ病の治療では、抗うつ薬の他、必要に応じて、睡眠薬、抗不安薬、気分安定薬などの薬が使われます。薬が処方される時には、医師や薬剤師からその薬の特徴や注意事項、服用期間、副作用などについて説明がありますので、よく聞いて、疑問や不安がある場合には必ず確認してください。

薬

抗うつ薬

脳の神経伝達物質のバランスを調整して症状を改善する薬で、うつ病の治療には非常に重要です。たとえば、よく使われるSSRI(読み方:エスエスアールアイ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という種類の抗うつ薬は、セロトニンという神経伝達物質を増やし、うつ症状を改善します。

健康な時には、脳内の神経伝達物質(セロトニン)の量が一定に保たれています。うつ病になると、神経伝達物質(セロトニン)の量が減り、神経伝達がうまくできなくなります。SSRIで治療することによって、セロトニンの量が増え、うつ病の症状が改善していきます。

睡眠薬

うつ病の場合、眠れない…という症状をもつ方が多くいます。そのためにからだが休まらずに治療がうまく進まないこともあるため、必要に応じて睡眠薬を使用して十分に睡眠をとることが大切です。

  • 抗不安薬

    不安感やイライラ、焦燥感が強い場合に短期間使用することがあります。

  • 気分安定薬

    もともとは躁うつ病(双極性障害)の治療に使用されていた薬です。

薬物療法

PREV

NEXT

副作用について

ページトップへ