悩んでいる方・患者さんご本人へ

どうして、うつ病に?

うつ病の起こるしくみ

うつ病の起こるしくみ

なぜ、うつ病が起こるのか?この発症メカニズムについては、現在も研究が進められています。
うつ病のきっかけとなるのは強いストレスですが、発症そのものの原因は、脳のなかで感情をコントロールしている物質(神経伝達物質)のバランスが崩れてしまうことにあると考えられています。

私たちの脳は、無数の神経細胞で形成されています。これらの神経細胞は、神経伝達物質という物質を介してさまざまな情報を伝え合い、複雑な働きを担っています。ところが、強いストレスを抱えていたり、心身ともに疲れている状態が続くと、神経伝達物質の量や働きが十分でなくなってきます。
とくに意欲や気分を調整する「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質の量が減ったり、十分に機能しなくなると、感情をうまくコントロールできなくなり、うつ状態を引き起こすと考えられています。

健康な場合とうつ病の場合の神経伝達物質(セロトニン等)の様子
健康な時…健康な時には、脳内の神経伝達物質(セロトニン等)の量が一定に保たれています。うつ病になると…神経伝達物質(セロトニン等)の量が減り、神経伝達がうまくできなくなります。

患者さんに多くみられる性格

PREV

NEXT

からだの病気や薬が、うつ病の原因になることも

ページトップへ