ご家族・パートナーの方へ

私の大切なひとは、うつ?

うつ病とは

うつ病とは

なんとなく気分が落ち込んでいる。
元気が出ない。楽しくない。

毎日の生活のなかで、いやなことやつらいことがあると、私たちは「憂うつ」な気分になります。ほとんどの場合、たとえ気分が落ち込んでいたとしても、なにか楽しいことがあれば気が紛れたり、憂うつの原因が解消されれば元気を取り戻します。けれども、うつ病の場合には、よいことがあっても気が晴れず、強い憂うつ感が2週間以上続き、仕事や家事などの日常生活にまで影響を及ぼします。そのため、「新聞を読んでいた夫が新聞を読まなくなった」、「ちょっとしたことで怒りっぽくなった」、「眠れないといっている」など、日常生活の変化がうつ病に気づくポイントとなります。

うつ病は、だれでもかかりうる病気です。特別な人がかかる、特別な病気ではありません。

そのため、うつ病は「心の風邪」と呼ばれることもあります。

うつ病で悩んでいても、「過労からくる一時的なものだろう」と思い、本人も周りの人もつい見逃してしまいがちです。うつ病を自覚し、きちんと受診する人は、症状に悩む人のほんの一部と推測されています。不況やリストラなど、ストレスの種はつきず、うつ病にかかる人が大変増えています。しかしうつ病だとわからず、受診しないままに、ひとりで悩んでいる人も多くいるといわれています。

私の大切な人は、うつ?

PREV

NEXT

うつ病とは(2)

ページトップへ